スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



告知!!

2009/11/30 21:59
またしてもつくしのにんにくの芽、ギリギリ間に合わなかった!
それにしてもつくしでは毎回変なひとに会ったり、変わった体験をします。笑


さて、もういろんなところで言ってますが、
是非来てもらいたいライブがあるのです。
僕たちは月2,3回はコンスタントにライブを行っていますが、実際のところお客さんとして来てもらえるのは音楽関係者の方が多く(まぁ友達が他に少ないというのは確実にありますが笑)、学校その他外部のお客さんはほとんど呼んだことはありません。が、このライブは少し趣向が違います。

僕たちの所属するサークル、北大フォークソング研究会の定期演奏会なのです。

言ってしまえば一介の音楽サークルですが、初代かの中島み○きから連綿と歴史を紡ぎ、様々な音楽性を放出しながら、今や部員150名を超えるモンスターサークルに成長しました。
現部員のバンドでも、オトキタライブに出たあのバンドや、カレッジロックフェスティバル北海道地区優勝のあのバンド、またそこらじゅうの巷に散らばるポスターにサークルのバンド名が見つけられたりと活動の幅を外へ外へとひろげており、ある意味サークルの文化は現在円熟の極みという印象です。

もちろん学生サークルのバンドという性質上、就職、それに伴い北海道を離れてしまうということは大きな問題であり、今回、たまたま出場が決まったバンドの中にも、来年以降活動が難しくなるバンドが多数います。我々nemoshica:も多分に漏れず…。

しかし、「だから、今回見に来てよ!」というつもりはありません。僕らが消えれば次の定期演奏会では今の若い部員達が成長し、また違った色を見せてくれるでしょう。もっと言えば、今回出演できるのは20近くのオリジナルバンドのうちオーディションで選出された、たった5バンドでしかありません。それぞれのバンドが、自分自身を追求し、表現を磨きあげ、信念に基づいて活動を行っています。その実、ほんとに多種多様の音楽性、考え方が混在しています。
僕らはたまたま出場が決まりましたが、サークルの「代表」なんかでは決してなく、「ピースのひとつ」として一つの音楽的な価値観を提示するに過ぎません。

もちろん、僕らは力を尽くしますし、お客さんには目の前にある音楽を、ただただ純粋に楽しんでもらえたら幸いなのですが…。
北大フォークソング研究会として、札幌にひとつの文化があることを、感じ取ってもらえればな、と思います。

それはどんな文化だ!とはここでどんな説明をしても陳腐に聞こえてしまうので言わないですが、先輩から後輩へ、連綿と受け継がれてきた文化は確実にあります。
そしてそれは、おそらくどこへ出しても恥ずかしくないものです。



どうも堅苦しくなっちゃいましたが、ていうか誰なんだお前は!っていう感じですね笑
お気軽に足を運んでもらえたら幸いです!



北大フォークソング研究会
第39回 冬の定期演奏会 「Resonant vibration」

2009.12.5 (sat) @PENNY LANE 24
Open 17:30 / Start 18:00  adv/day 500yen

出演:nemoshica:/モンシロチョウは胃の中/Portrait it/Original Hand Made/みちくさ日和



↓特設ページです。カッコいいので覗いてみてほしいです!
2009winter.jpg


nemoshica:は今回パンフレットにちょっと小細工を仕込んであります。笑
そちらもお楽しみに!



徳田
スポンサーサイト



← 12/5@PENNY LANE24 | Home | 最近のこと →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。